診療科について

診療科のご案内
clinical departments

内科では、患者さんの訴えや病歴、生活歴などを伺い、必要に応じて検査を行った上で診断を導き出します。
薬による治療だけでなく、生活上のアドバイスなどを含む総合的な診療を目指しています。
対象は感冒や高血圧症など一般的な疾患が主ですが、必要と判断した場合は、適切な専門診療科へ紹介を行います。慢性疾患などで長期のフォローを要する場合は、お近くの診療所やかかりつけ医に紹介させて頂きます。




呼吸器内科では、肺や気管支に起きる病気を主な対象としています。
呼吸器の病気は種類が多く、程度も軽症から重症まで様々です。咳や痰、息切れ、胸痛など心配な呼吸器症状がある方、長年喫煙しており、たばこ肺が心配な方、あるいは健康診断などで異常を指摘された場合など、どうぞ当科にお気軽にご相談ください。




消化器科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管の病気及び肝臓、胆嚢、膵臓などおなかの臓器の病気を扱います。病気を早期診断し、患者さんの生活の質を第一に考えながら治療を行うことを最大の目標にしています。このために内視鏡、超音波、X線、CT、MRIなどを駆使し、診断、治療にあたっています。




急速な社会の高齢化と食生活の欧米化に伴い、循環器領域においても虚血性心疾患に代表される動脈硬化性疾患が年々増加しています。虚血性心疾患、心不全、高血圧、不整脈などの循環器系疾患は、病死の主たる原因疾患であるだけでなく、その有病率も非常に高く、循環器系疾患に対する治療と、それらの発症基盤となる高血圧、高脂血症などに対する治療ならびに予防は非常に重要です。


尿

さまざまな泌尿器外科疾患、および腎臓内科疾患を診療します。泌尿器外科医と腎臓内科医が連携し、多面的で質の高い医療を提供しています。透析療法全般と腎泌尿器系救急医療(外傷・尿路感染症および敗血症・腎結石など)には、当センターの全スタッフが協同して対応します。
透析や腎臓内科の専門医による質の高い医療を提供するだけでなく、通院方法、入院等での支援体制も整えております。




からだが病気になるのと同じように、こころ・精神も病気になります。
どこからが病気なのかわかりにくい面がありますし、からだの症状がこころ・精神の問題からきていることもあります。受診される方の年齢は、中学生・高校生をはじめとした若年層から80歳代の高齢者まで、また疾患別には、ストレスなどの心身への負担などから生じた心身症や不眠症からうつ病まで幅広い疾患を対象としています。
当科ではこれまでの経験を生かし適切な 診断・治療・説明を心がけてまいります。




患者さまは体のさまざまな症状で病院を訪れた場合、症状に応じて各科の診察を受けることになりますが、問診や視診、触診のみでは症状の原因を正しく診断することが難しい場合があります。このとき、放射線を使ったさまざまな治療および検査を行います。高度な検査技術と知識を持ったスタッフが、患者さんに正確・迅速・適切な医療を提供できるよう、日々努力しています。検査などに関するご質問がございましたら、お気軽にお尋ねください。担当スタッフが笑顔と細やかな対応でお答えします。





|

近年、アレルギー疾患の罹患率は増加しており、日本人の3人に1人はアレルギー疾患に罹患していると言われています。
アレルギー疾患を改善するためには、正しい予防・診断・治療法が必要ですが、年々、アレルギー疾患に対する医療は変化しています。
小児から成人までの様々なアレルギー疾患に対し、最新の知見に基づいた専門的医療を行っています。
アレルギーの根本的治癒を目指しております。






|



リハビリテーション科では、理学療法・作業療法の専門スタッフが患者様一人ひとりに合った治療方針に沿ってリハビリテーションを行っています。
患者様一人ひとりの怪我や病気の状態に応じてそれぞれの病棟の特色を生かした最適な治療を提供させていただいています。
また、患者様・ご家族の皆様のニーズに応じて退院後も安心してその人らしい生活が地域で送れるように、通所リハビリテーションを行うことで継続した支援をしています。


内科では、患者さんの訴えや病歴、生活歴などを伺い、必要に応じて検査を行った上で診断を導き出します。
薬による治療だけでなく、生活上のアドバイスなどを含む総合的な診療を目指しています。
対象は感冒や高血圧症など一般的な疾患が主ですが、必要と判断した場合は、適切な専門診療科へ紹介を行います。慢性疾患などで長期のフォローを要する場合は、お近くの診療所やかかりつけ医に紹介させて頂きます。




呼吸器内科では、肺や気管支に起きる病気を主な対象としています。
呼吸器の病気は種類が多く、程度も軽症から重症まで様々です。咳や痰、息切れ、胸痛など心配な呼吸器症状がある方、長年喫煙しており、たばこ肺が心配な方、あるいは健康診断などで異常を指摘された場合など、どうぞ当科にお気軽にご相談ください。



胃腸科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管の病気及び肝臓、胆嚢、膵臓などおなかの臓器の病気を扱います。病気を早期診断し、患者さんの生活の質を第一に考えながら治療を行うことを最大の目標にしています。このために内視鏡、超音波、X線、CT、MRIなどを駆使し、診断、治療にあたっています。




急速な社会の高齢化と食生活の欧米化に伴い、循環器領域においても虚血性心疾患に代表される動脈硬化性疾患が年々増加しています。虚血性心疾患、心不全、高血圧、不整脈などの循環器系疾患は、病死の主たる原因疾患であるだけでなく、その有病率も非常に高く、循環器系疾患に対する治療と、それらの発症基盤となる高血圧、高脂血症などに対する治療ならびに予防は非常に重要です。



子供のさまざまな病気・健康管理・育児の相談等、子どもの健康に関する全てのことに対応いたします。
来院される方の多くは感染症を主とした急性疾患ですが、迅速に検査を行い治療に役立てています。
慢性疾患各々の専門外来はございませんが、アレルギー疾患、腎疾患、貧血・成長発育障害など一般外来の中で診療を行っております。


尿

さまざまな泌尿器外科疾患、および腎臓内科疾患を診療します。泌尿器外科医と腎臓内科医が連携し、多面的で質の高い医療を提供しています。透析療法全般と腎泌尿器系救急医療(外傷・尿路感染症および敗血症・腎結石など)には、当センターの全スタッフが協同して対応します。
透析や腎臓内科の専門医による質の高い医療を提供するだけでなく、通院方法、入院等での支援体制も整えております。




患者さまは体のさまざまな症状で病院を訪れた場合、症状に応じて各科の診察を受けることになりますが、問診や視診、触診のみでは症状の原因を正しく診断することが難しい場合があります。このとき、放射線を使ったさまざまな治療および検査を行います。高度な検査技術と知識を持ったスタッフが、患者さんに正確・迅速・適切な医療を提供できるよう、日々努力しています。検査などに関するご質問がございましたら、お気軽にお尋ねください。担当スタッフが笑顔と細やかな対応でお答えします。




からだが病気になるのと同じように、こころ・精神も病気になります。
どこからが病気なのかわかりにくい面がありますし、からだの症状がこころ・精神の問題からきていることもあります。受診される方の年齢は、中学生・高校生をはじめとした若年層から80歳代の高齢者まで、また疾患別には、ストレスなどの心身への負担などから生じた心身症や不眠症からうつ病まで幅広い疾患を対象としています。
当科ではこれまでの経験を生かし適切な 診断・治療・説明を心がけてまいります。






|



リハビリテーション科では、理学療法・作業療法の専門スタッフが患者様一人ひとりに合った治療方針に沿ってリハビリテーションを行っています。
患者様一人ひとりの怪我や病気の状態に応じてそれぞれの病棟の特色を生かした最適な治療を提供させていただいています。
また、患者様・ご家族の皆様のニーズに応じて退院後も安心してその人らしい生活が地域で送れるように、通所リハビリテーションを行うことで継続した支援をしています。





|

近年、アレルギー疾患の罹患率は増加しており、日本人の3人に1人はアレルギー疾患に罹患していると言われています。
アレルギー疾患を改善するためには、正しい予防・診断・治療法が必要ですが、年々、アレルギー疾患に対する医療は変化しています。
小児から成人までの様々なアレルギー疾患に対し、最新の知見に基づいた専門的医療を行っています。
アレルギーの根本的治癒を目指しております。